症状別
症状別

寝違え

  • 首・肩

寝違えは、寝ている間に首や肩、背中などに何らかの力が持続的に加わってしまったために、筋肉が炎症を起こしている状態です。

ふつうは寝ている間であっても、無意識のうちに寝返りを打って姿勢を変えます。

しかし、疲れがたまって熟睡したときや泥酔しているとき、狭い場所で寝返りが打てないときなど、不自然な姿勢のまま長時間寝てしまった後に起こることが多いのです。

そのほかに、姿勢が悪い、が体に合っていない、ストレスがあり常に体が緊張している、日中のデスクワークやパソコン、スマートホンの見すぎ、体の冷えなども寝違えを起こす一因と考えられています。

寝違えが頻繁に起こる人はこれらの要因が日常化している可能性が高いです。

当院では患者様の症状に合わせて鍼灸治療やインディバ、手技療法で治療を行っています。

寝違いになられたら一度ご相談下さい。

 

最新の症状別の記事

症状別の一覧を見る

症状別でみる

  • 頭部・顔
  • 腰・背中・股関節
  • 首・肩
  • 足・膝
  • 腕・手
  • その他

Copyright © 溝口鍼灸整骨院 All Rights Reserved.

PAGE TOP
  • LINE本院
  • LINE住道院
  • 本院に電話する
  • 住道院に電話する