症状別
症状別

むち打ち症

  • 2017.09.22
  • 首・肩

交通事故・スポーツによって首に不自然な力が加わり、「首が痛い・首が回らない」といった症状を発症する怪我の一種です。首に力が加わるときに、首がS字にしなり、鞭を打った様な形になるため「むち打ち症」と呼ばれています。

 

頸椎捻挫型むち打ち症

むち打ち症全体の7~8割を占めるとされています。肩や首の後ろの痛みは、首を伸ばすと強くなり、肩や首の動きを制限することがあります。

 

根症状型むち打ち症

頸椎の並びにゆがみができると、神経が圧迫され、首や腕の痛みのほか、しびれ、だるさ、後頭部の痛み、顔面痛などの症状が現れることがあります。

 

バレ・リュー症状型むち打ち症

後部交感神経症候群ともいい、頸椎に沿って走っている椎骨動脈の血流が悪くなり、頭痛、めまい、耳鳴り、吐き気などの症状が現れます。

 

脊髄症状型むち打ち症

頸椎の脊柱管を通る脊髄が傷ついたり、下肢に伸びる神経が損傷されて下肢のしびれ、知覚異常が起こり、歩行障害が現れます。

 

このようにむち打ち症にも様々な症状があり、むち打ち症をただの「捻挫」といって、適切な治療をしていなかったり放置したままにすると痛みが長引いたり、後遺症が残ったりしてしまいます。

 

交通事故後などでむち打ち症にお悩みの方は一度当院にご相談下さい。

最新の症状別の記事

症状別の一覧を見る

症状別でみる

  • 頭部・顔
  • 腰・背中・股関節
  • 首・肩
  • 足・膝
  • 腕・手
  • その他

Copyright © 溝口鍼灸整骨院 All Rights Reserved.

PAGE TOP
  • LINE本院
  • LINE住道院
  • 本院に電話する
  • 住道院に電話する